美しいということ

 

美しいということは、最下層の選択肢となりうるが、最上層には位置しえない無双のものである。

 

もし最上層の選択肢であるならば、その他の比較対象は無意味である。

 

もっとも曖昧であり、感情に左右され、共通の項を有さず、絶対的なものを説明できない。

 

反して言うなら、理解し得ないものが絶対美であり、普遍的なものである。

 

これにもっとも近づいたものが、比較可能な美しさである。

 

それに近づくことが美しさの根本である。

 

高宮 透

 

カテゴリー: パーマリンク

美しいということ への15,498件のフィードバック